12月13日開催|素材を生かした商品の開発に特化した食品原料〜独自の価値を打ち出すヒント〜

<こちらのセミナーの受付は終了しました>

当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2023年12月13日(水)に予定しています、第38回のテーマは、素材を生かした商品の開発に特化した食品原料〜独自の価値を打ち出すヒント〜です。

食品開発において、美味しさや栄養成分の決め手となる「素材」選びは非常に重要です。当セミナーでは、素材にこだわった食品原料と、その特性を最大限に引き出すための方法について各社よりご紹介いただきます。商品の競争力を高め、独自の価値を打ち出すためのヒントが必ず見つかるはずです。ぜひご視聴ください。
※登壇企業の方々への質問コーナーもございます。

開催概要

テーマ:素材を生かした商品の開発に特化した食品原料〜独自の価値を打ち出すヒント〜
日時:2023年12月13日(水)13時30分~
方法:ZOOM(ウェビナー)
定員:200名(先着順)
参加料:無料
申込締切:2023年12月13日(水) 13時

プログラム

1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)
セミナーの注意事項など

2.製品・サービス紹介

①「マーケティング訴求力のあるシチリア産レモン果肉原料」(20分)
片岡物産株式会社
様々なアプリケーションに使用可能なレモン原料は、最終製品においても味覚や食感で差別化ができる魅力的な素材です。レモンの産地として訴求力のあるシチリア産、且つ、市場では珍しいポストハーベスト不使用のレモン果肉原料をご紹介します。

②「柑橘由来アップサイクル原料『MaCSIE』」(20分)
愛媛製紙株式会社

製紙における叩解技術の応用により、搾汁残渣の果皮の主成分であるセルロース繊維をナノサイズまで細かくした「MaCSIE」は、高粘性・チクソ性に優れた機能性ペーストです。柑橘由来の有効成分による生理活性も併せ持つ、「MaCSIE」の効果的な活用方法についてご紹介します。

3.その他
次回のご案内など

<15時終了予定>
※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。

PAGE TOP